漫画「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」6話「魔神王戴冠す!!」を読んだ感想。



 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

コミックシーモアとは、今話題のスマホやPCで漫画が登録しなくても無料試し読みができる公式電子書籍サイトです。

色々な公式電子書籍サイトがありますが、

取り扱っているタイトルが多めなコミックシーモアを篠太郎はオススメしてます。(╹◡╹)

 

コミックシーモアで無料試し読みする方法

 

※赤枠内に見たい作品のタイトル or 作者名を入力後、虫眼鏡マークを押してください。

 

 

これだけで安全に、コミックシーモアで無料で立ち読みができちゃいます。

漫画村や無料アップサイト、ドロップブックス、zip等無料で読めるとかありますが、

あそこで読んでしまうと知らぬ間にスマホの情報が抜き取られたり、

パソコンがウイルスに侵される可能性があります。

実際、僕の知り合いはウイルス除去のために15,000円以上の修理代を出さないといけないケースに陥りました。

ウイルスだけならいいのですが、スマホやパソコンの中にある、

大事なデータが流出してしまったりする可能性もあるのです。

 

 

コミックシーモアの登録方法

 

手軽に登録できちゃう、コミックシーモア。スマホでの登録のやり方を書いていきます!

まずは、コミックシーモアにアクセスしてください。

 

 

会員登録のボタンをクリック

 

 

 

メールアドレスで登録を行う

 

 

会員登録は無料ですので、安心してください。

 

時期によってコミックシーモアでは、半額クーポンなどお得な特典があります♪

 
 

登録したメールアドレスに送信される「コミックシーモア登録案内メール」を確認

 

メールアドレスを入力して「登録用メールを受信」をクリックしたら、

その登録したメールアドレスに「コミックシーモア登録案内メール」というメールが届きます。

 

 

そのメールに記載されているリンクをクリックしてください。

 

 

個人情報の入力

 

 

生年月日、性別、パスワード、ニックネームを入力してください。

最後に改めて個人情報を確認して、会員登録は完了です。

 

 

読みたい漫画だけ、クーポンを使ってお得に購入をしよう!

 

 

 

 

コミックシーモアでは、新規登録をした場合、すぐに50%OFFクーポンがもらえますので、実質すべての本が半額で購入できます。

 

さらに定期的に、お得な一冊分全額返金や50%OFFクーポンも配信されるので、

 

この特典をうまく活用して、お好きなマンガをぜひ読んでくださいね。

 

>>コミックシーモアはこちら

 

 

 

作品内容(ストーリー)

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアで「ロトの紋章」をコピペして検索!

 

 

 

 

あの頃の熱き想いが甦る!!

 

カラー原稿の完全再現に、描き下ろしを多数収録!

 

また未掲載の原稿を収録し、豪華特典を多数満載したファン待望の「完全版」堂々発売!!

 

 

 

 
 

物語と感想

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

目の前にいるカーメン王ローザ王妃が、自分の弱い心が作り出した幻と気づいたアルス

 

偽カーメン王偽ローザ王妃は、なんと合体します。

 

ビジュアルは気持ち悪い魔物です。

 

 

 

 

偽カーメン王と偽ローザ王妃「かわいそうなアルス。あまったれの弱虫アルス。おいで、私の腕の中に…ギョヘッ!グフッブフフッ…親子そろって楽しく暮らそう…ギヒッ!」

 

アルス「弱虫なんかじゃない!勇者ロトの誇りにかけて…この弱い心を、この迷いを断つ!!」

 

偽カーメン王と偽ローザ王妃「ヴォオオオオオ!!」

 

 

 

 

アルス偽カーメン王偽ローザ王妃をぶった切ります。

 

 

しかし、最後の力を振り絞って、偽カーメン王偽ローザ王妃は触手をアルスの口の中に入れ、アルスのはらわたを食い荒らそうとします。

 

 

 

 

アルス「うぐおっ…!おっ……キラ、ルナフレア、みんな…!!」

 

 

 

息ができず苦しみもがくアルス…。

 

 

意識を失いかけそうな頃、みんなの顔が脳裏に浮かびます。

 

もちろん、ご先祖さまである勇者アレルも。

 

 

力を振り絞って、聖なるナイフで触手を切り取り、アルスは閃きます。

 

 

 

アルス「勇者ロトよ、力を!!力を貸してくれ!!ラ、ライ…、ライデイ~ン!!」

 

 

 

 

快晴なのに、アルスライデインを唱えた瞬間、辺りに暗雲が立ち込め、

 

 

勇者しか唱えることができない、聖なる稲妻の魔法ライデインを見事に習得。

 

偽カーメン王偽ローザ王妃は消滅します。

 

 

 

 

自分の弱さを断ち切ることに成功したアルス

 

 

アルス「やった…今度こそ本当に…勝ったんだ…。勝った……。…お父さん、お母さん…。いつかきっと助けに行くよ。待っていて…。」

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

 

カダル「よくやったぞアルス!まさかライデインを使えるようになるとは思わなかった。お前は私が思っていた以上の勇者になるかもしれんな…。ほれ!ベホイミ!」

 

 

アルの怪我がみるみる回復していきます。

 

 

 

 

カダル「あれはすべて私の魔力が生み出した幻だったのだ。よくぞ情愛に負けず、真実を見抜いたな!偉いぞ!…?どうした?アルス

 

 

 

アルスカダルにしがみつき、涙を流します。

 

 

 

アルス「ひどい…ひどいや…。」

 

カダル「…!」

 

 

 

そう、アルスは勇者の子孫とはいえ、まだ10歳になったばかりの子供。

 

両親の顔を見たことすらない。そして現在も魔物に囚われたままなのだ。

 

当然、両親の愛に包まれたいに決まってるし、会いたい。

 

でも、こんな形で会わせることは、アルスにとって過酷であったに違いない。

 

 

 

 

アルス「お父さん…!お母さん…!うう…あ…うう!!ウワアアアアアアー!」

 

 

アルスはしばらくカダルの腕の中で、思いっきり泣き叫んでいました。

 

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

 

一方、キラは。

 

キングスライムを一瞬で倒すことに苦戦していた。

 

 

 

36回も踏み潰されているキラ。そして37回目もキングスライムに踏み潰されます。笑

 

 

 

キラ「…キ、キングスライムとかけて、ぶすっ娘との縁談ととく」

 

キングスライム「…!?そ、その心は…!?」

 

キラ「まとまると怖いものがあります!」

 

キングスライム「アララララ!」

 

 

 

 

キングスライムは動揺し、合体スライムへ分離します。

 

 

 

 

キラ「…チャンス!思い出すんだ、水晶を斬ったタイミングを!」

 

合体スライムたち「しもうた~!あかん、来よるでっ!もういっぺん合体や!」

 

キラ「…今だッ!!」

 

 

 

ゴオッ

 

 

 

合体スライムが合体する瞬間、その一瞬をキラはやっとつかみました。

 

 

38回目でようやく、カダルの課題であるスライムたちを一瞬で気絶させることに成功します。

 

 

 

キラ「エヘッ、エへへッ!キヒヒヒヒ!イイイイイヤッタア~!一撃でスライムどもを気絶させたぞ~~っ!!」

 

二人の最後の課題は無事に終了します。

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

 

カダル「二人ともよく頑張ったな。この3ヶ月の二人の成長ぶりには目を見はるものがあった!もう、私から教えることは何もない。」

 

アルス「賢者様…。ありがとうございます!」

 

キラ「おいらからも礼を言うぜホント!きつい修行だったけど、なんかこう…自信ついちゃったよな!」

 

カダル「うぬぼれるな!本当の修行はこれからなんだ。数々の実戦を積み重ねてこそ、本当の強さを得られるのだ。」

 

キラ「わかってますって!心配いらないっすヨ!」

 

カダル「…そうだな。さて!どうやらお迎えがきたようだ。」

 

ルナフレアたちアルス~!キラ~!」

 

アルスルナフレア老師様!」

 

キラ「父ちゃん!!」

 

 

 

 

3ヶ月ぶりにみんなと再会したアルスキラははしゃぎます。

 

 

 

ティーエアルス!!」

 

 

 

いつの間にか同行している妖精のティーエ。笑

仙人タオもいます。

 

 

 

彼女はアルスに惚れており、アルスのほっぺに軽いキスをします。

 

 

 

ティーエアルス、なんだかたくましくなったみたい

 

アルス「ありがとう。ティーエ。」

 

キラティーエ、おいらにも!おいらにも!」

 

ティーエ「…キラは全然変わらないわねぇ」

 

キラ「アラ!」

 

 

 

 

みんな、ティーエキラのやりとりに笑います。

 

 

 

このちっぽけな妖精ティーエと仙人タオは、

 

ゆくゆくアルスたちの助けになるので、重要なキャラクターなのです。

 

 

 

そして夜になります。

 

 

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

 

タルキン「い…今なんとおっしゃったのですか?」

 

カダル「私は君たちと一緒には行けない。そう言ったのだ。」

 

ルナフレア「そんな!てっきり一緒に戦ってくださるものだと…。」

 

カダル「この時代に生じた悪は、この時代の若者たちによって滅ぼさなければならない…。私のような年寄りを担ぎ出すもんじゃないよ。」

 

 

 

 

いくら時の砂の魔法で見た目は20代でも、実年齢は120歳を超える老人なカダル

 

 

ひえええ。

 

 

 

 

カダル「忘れたのかい?私は今年で120歳になる老人なんだよ。それとも私なしでは異魔神と戦うのが怖いかね?」

 

アルス「…わかりました賢者様。賢者様がいなくても、僕たち勇気を出して異魔神と戦います。そして、勝ちます!」

 

 

カダル「…よい覚悟だ。その気持ちを忘れない限り、精霊ルビスの加護は常にお前と共にあるだろう。」

 

 

 

 

そう言って、カダルアルス光の剣をプレゼントする。

 

水晶まっぷたつの修行中にキラの偶然の産物によって生まれた、あの光の剣である。

 

 

 

 

カダルアルスにはこれを贈る。光の剣だ。そしてキラには、これを。」

 

キラ「へっ?おいらにも何かくれるの?」

 

カダル「約束したろ?…これははやぶさの剣だ。恐ろしく軽い金属でできている。いっぱしの剣士なら、一呼吸の間に2回の攻撃を繰り出すことができる。今のお前なら、十分使いこなすことができるはずだ。」

 

キラ「ギャハッ!そいつはすげえや!」

 

 

 

アルスキラは友情の証として、カダルにもらった剣で誓い合います。

 

その後、カダル以外の皆は眠りにつきます。

 

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

 

カダル「…勇者アレル。そして命よりも大事な絆で結ばれた仲間たちよ…。百年前に交わした聖なる誓いを果たすときがきたようだ…。」

 

 

 

 

夜が空けます。

 

 

 

カダル「それでは、気をつけて行くがよい。」

 

アルス「賢者様、本当に色々とご指導くださってありがとうございました!」

 

カダル「…よいか、すぐにカーメンに向かったりせず、まずはアッサラームの町へ行け。」

 

アルスアッサラーム…?」

 

ギランアッサラームなら知ってるぜ!ここから北東へ、砂船で3日の距離だ。…あの町は夜が楽しいんだよなぁ…うっしっしっ…(ニヤニヤ)」

 

 

 

皆が冷たい目線でギランを見ます。

(この場面だけ、柴田亜美のタッチで描かれて笑えますw笑)

 

 

 

 

カダル「とりあえず武器や防具を買い揃えるのだ。今のお前たちの装備では、これからの長い戦いを勝ち抜いていくことはできんぞ!」

 

 

 

 

全員が頷き、アッサラームへ向けての準備をはじめます。

 

 

 

 

 

カダル「最後に一言だけお前たちに言っておくことがある。3人のケンオウを捜すのだ。」

 

「…ケンオウ!?」

 

カダル「お前たちと共に異魔神と戦ってくれる仲間たちだ」

 

 

 

 

 

それは百年前に交わされた聖なる約束、聖戦士たちの誓い。

 

 

この世が再び邪悪で覆われた時、我らもまた勇者の元に集わん!

 

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

 

剣王フルカス、拳王フォン、賢王カダル

 

その子孫たちが、誓いを果たすために、アルスたちを待っているのである。

 

 

カダル「さらばだアルス!ロトの血を引く者よ。もう会うこともあるまい。…だが、私の魂は常にお前たちと共にある!」

 

「賢者様!カダル様ッ!」

 

カダル「忘れるな!!3人のケンオウを捜すのだ!!」

 

 

 

 

アルス達はカダルと別れます。そしてカダルは生涯最後の秘術を使います。

 

 

 

アルスたちが修行した、蜃気楼の塔が光を帯びて跡形もなく消え去ります。

 

 

これは何を意味するのでしょうか。のちのち明らかになります。

 

 

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

 

同時刻…。

 

ローラン城では、魔神王ジャガンの戴冠式が行われていた。

 

 

****

 

禍々しい、邪悪なオーラが漂う魔物の巣窟。

魔王たちも勢揃いしており、いかに重要な儀式かが伺えます。

 

 

 

 

ジャガン「風よ!雲よ!そしてこの大地に生きるすべての生き物たち!この俺の声を聞くがいいっ!俺の名はジャガン!ロトの血を引く者!俺はここに宣言する!今、この時をもって第四の魔王、魔神王の座に就くことを!!」

 

異魔神「善きかな、魔神王よ。余の名のもとに人間たちに真の恐怖を教えてやるがよい」

 

ジャガン「御意」

 

竜王「魔神王よ!いざ闇の虹を渡り、闇の城へ進まれよ!!」

 

 

 

 

魔物たちのジャガンコールが鳴り止みません。

 

…この日。

 

 

 

ローラン城にて第四の魔王、魔神王ジャガンが戴冠す。

 

この戴冠式までのジャガン視点のお話は、番外編でしっかり描かれているので、のちのちご紹介しますね。

 

 

 

ここまでが6話の収録です。

 

 

 

 

 

いや~、ついにジャガンの顔が明らかになりましたね。

 

 

同時期に連載していた、藤原カムイ先生の雷火の主人公「ライカ」に似ている。

 

 

 

目は魔人っぽいですが。

 

 

 

 

正義の味方である勇者が魔王側に就くなんて、子供の頃は信じられない思いで衝撃でした。

 

 

 

だって、正義は悪を倒す者ですから。

 

 

 

その正義が敵側に回ったら…。絶望しかありませんよ本当に。

 

 

 

 

アルスジャガン。もし、アルスが魔王の手に堕ちていたならどうなっていたのでしょうか。

 

 

 

その場合、ジャガンが勇者として、アルスが魔神王として対面することになっていたのかもしれませんね。運命とはなんて残酷なんでしょう。

 

 

 

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

 

…このロトの紋章の原作者さんは、作り込みが半端ないです。

 

 

 

そして藤原カムイ先生のイラストも見やすいこと…。

 

 

 

名作といわれる、ロトの紋章

 

 

 

ドラクエ好きでまだ見てない方には、ぜひ見て欲しいドラクエ漫画です。

 

 

 

次は、完全版2巻に突入です。

 

 

 

 

月刊誌だから一話のページ数が多くて感想書くのも一苦労ですね…。(^^;)

 

 

 

 

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みできるので読んでみてください♪

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

Ciao(╹◡╹)♪