漫画「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」7話「魔剣ネクロス」を読んだ感想。



 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

コミックシーモアとは、今話題のスマホやPCで漫画が登録しなくても無料試し読みができる公式電子書籍サイトです。

色々な公式電子書籍サイトがありますが、

取り扱っているタイトルが多めなコミックシーモアを篠太郎はオススメしてます。(╹◡╹)

 

コミックシーモアで無料試し読みする方法

 

※赤枠内に見たい作品のタイトル or 作者名を入力後、虫眼鏡マークを押してください。

 

 

これだけで安全に、コミックシーモアで無料で立ち読みができちゃいます。

漫画村や無料アップサイト、ドロップブックス、zip等無料で読めるとかありますが、

あそこで読んでしまうと知らぬ間にスマホの情報が抜き取られたり、

パソコンがウイルスに侵される可能性があります。

実際、僕の知り合いはウイルス除去のために15,000円以上の修理代を出さないといけないケースに陥りました。

ウイルスだけならいいのですが、スマホやパソコンの中にある、

大事なデータが流出してしまったりする可能性もあるのです。

 

 

コミックシーモアの登録方法

 

手軽に登録できちゃう、コミックシーモア。スマホでの登録のやり方を書いていきます!

まずは、コミックシーモアにアクセスしてください。

 

 

会員登録のボタンをクリック

 

 

 

メールアドレスで登録を行う

 

 

会員登録は無料ですので、安心してください。
時期によってコミックシーモアでは、半額クーポンなどお得な特典があります♪

 

 

 

登録したメールアドレスに送信される「コミックシーモア登録案内メール」を確認

 

メールアドレスを入力して「登録用メールを受信」をクリックしたら、

その登録したメールアドレスに「コミックシーモア登録案内メール」というメールが届きます。

 

 

そのメールに記載されているリンクをクリックしてください。

 

 

個人情報の入力

 

 

生年月日、性別、パスワード、ニックネームを入力してください。

最後に改めて個人情報を確認して、会員登録は完了です。

 

 

読みたい漫画だけ、クーポンを使ってお得に購入をしよう!

 

 

 

 

コミックシーモアでは、新規登録をした場合、すぐに50%OFFクーポンがもらえますので、実質すべての本が半額で購入できます。

 

さらに定期的に、お得な一冊分全額返金や50%OFFクーポンも配信されるので、

 

この特典をうまく活用して、お好きなマンガをぜひ読んでくださいね。

 

>>コミックシーモアはこちら

 

 

 

作品内容(ストーリー)

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアで「ロトの紋章」をコピペして検索!

 

 

 

 

大賢者カダルの命を受け、3人の「ケンオウ」を捜しに旅立ったアルス達は、アッサラームの町に辿り着く。

 

2人のケンオウとの出会いを機に、アルス達の過酷な運命が加速する――!!

 

 

 

 
 

物語と感想

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

カダルと別れたアルス一行は、無事アッサラームに到着。

 

 

二つの顔を持つ町、アッサラーム

 

 

 

夜はドラクエ恒例の「ぱふぱふ」ができる場所もあります♪笑

 

 

到着早々、服や装備品を整えるアルス達。

 

アッサラームならではの民族衣装は、砂埃から守ってくれそうな服装です。

 

 

 

 

単行本3巻の表紙がその衣装です(^^)

 

 

服も着替え、町を探検していると、壁掛けなどに使われる室内装飾、タペストリーを発見します。

 

 

古より伝わる伝説。

 

大魔王ゾーマが死ぬ前に残した呪いの予言…。

 

光あるところ闇もまたあり。

 

再び闇より何者かが現れこの世界を闇に閉ざすであろう。

 

 

 

…そして百年たった今、ゾーマの予言どおりこの世界は再び恐怖の大魔王、異魔神の攻撃にさらされることになってしまった。

 

 

しかし、希望はある。

 

 

勇者ロトと3人の聖戦士は、ゾーマの予言を聞いてその場で一つの誓いをたてている。

 

 

 

 

この世が再び邪悪で覆われた時。

 

我らもまた、勇者のもとに集わん!

 

 

 

 

それが百年後か二百年後かわからない。

 

しかし、いつの日かこの世にゾーマに継ぐ第二の魔王が現れたとき、ロトの聖戦士たちの子孫がこれを迎え撃つ、と。

 

ロトの子孫とは、すなわちアルスのことである。

 

 

 

 

3人の聖戦士たちはロトとの誓いを果たすために世界中にちらばっていった。

 

 

戦士フルカスと武闘家フォンはだれも知らない隠れ里に住み、自分たちの技をさらに高める修行を始めた。

 

大賢者カダルは、時の砂の呪文によって若返りを繰り返し、古の知識の開発を始めたのである。

 

 

 

そして、いつの日にかロトの子孫が次なる魔王と戦うとき、聖戦士たちの子孫は、勇者に力を貸すために世界中から集ってくるのだという。

 

 

戦士フルカス、武闘家フォン、賢者カダル

 

彼らの子孫たちは偉大な称号をもって「ケンオウ」と呼ばれている。

 

剣王、拳王、賢王

 

 

 

 

しかし、これはあくまで伝説。

 

剣王と拳王の隠れ里がどこにあるのか誰も知らない。

 

ましてや、賢者カダルには子供もいない。

 

3人のケンオウが本当にいるのかどうかさえ、誰にもわからないのだ。

 

 

 

アルス「でも賢者様はおっしゃいました。3人のケンオウを探せ、と。」

 

タオ導師「そうじゃのう…。伝説は本当なのかもしれん。」

 

 

 

…果たしてアルスたちはケンオウと出会える日がくるのでしょうか。

 

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

 

同時刻、アルス達がいるアッサラーム付近で一人の商人が魔物に襲われていました。

 

 

たまたま通りがかった、棺を引く黒装束を身にまとった謎の戦士が助太刀に入ります。

 

 

ドラクエ3をプレイしたことがある人は、イシスの砂漠付近にいる「じごくのハサミ」をご存知でしょう。

 

そう、あのやたらスクルト連発してくる防御力の高い厄介な魔物です。笑

 

プレイ当初の頃、何度やつらに全滅させたれたことか。今では思い出です。

 

 

 

 

驚くことに、謎の黒戦士は、じごくのハサミの鉄よりも硬い甲羅をたった一振りで切り裂きます。

 

いかに強者かが伺えるシーンですね。

 

 

 

 

商人「せ!戦士様!ありがとうございました…おかげさまで…」

 

ズブッ(商人のお腹に剣がささる音)

 

商人「なっ…!?なんで…」

 

ドサッ(その場に倒れて息をひきとる商人)

 

謎の黒戦士「…魔剣ネクロスの血となれたのだ。本望と思え。」

 

 

 

あろうことか、助けたはずの商人も殺害してしまいました。

 

…あきらかに敵ですね。アルスたちの身に危険がせまりつつあります。

 

そして、棺のなかにはモンスターの目が怪しく光ってます。

 

 

 

謎の黒戦士「…もう少しの辛抱だ。じき、アッサラームに着く…。」

 

 

 

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

それからもアルスたちは町を探索しており、日も暮れてきてました。

 

 

 

タルキン「…ルナフレアはどうした?」

アルス「え…と、多分まだあの洋品店にいるはず…。」

 

 

…なんと!

 

半日以上もルナフレアは洋品店で自分の納得いく服を探し、試着を繰り返していました。笑

 

 

タルキン「なあんじゃっその格好は!?」

 

ルナフレア「う~ん。なかなかいいのがなくて…。」

 

店の主人「お客さ~ん。なんとかしてくださいよ。かれこれ2時間もとっかえひっかけしてるんですよ~!」

 

 

 

****

 

 

 

ようやく妥協して、納得いく服が決まったルナフレア

 

 

 

ルナフレア「もうっ。まぁいいか、この方が動きやすいし。」

 

アルス「僕はさっきのドレスも好きです。」

 

ルナフレア「でしょー!!?アルス君はわかってるな~。」

 

 

 

 

こうしてみると、まるで近所のお姉さんと子供ですね。

 

 

 

 

ルナフレアも、いつもは気を張ってアルスを守る立場にいるのですが、このときだけは微笑ましい光景です。

 

 

しかし、その幸せな時間も長くは続きません。

 

 

 

ルナフレアは、ある殺気に気づきます。

 

そう、さっきの謎の黒剣士です。流石ですね。

 

 

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

ルナフレア「(…敵がいる。それも恐ろしく腕の立つ…。今のアルス達ではとてもこの的には立ち向かえない…。)」

 

 

 

ルナフレアは覚悟を決め、一人で敵に立ち向かうと決心します。

 

 

 

ルナフレア「みんな!あの劇場でお芝居を観てて!そこなら健全にすごせるでしょう?」

 

アルス「…ルナフレアは?」

 

ルナフレア「あたしは宿の手配をしてくるわ。」

 

 

 

そういって一人、パーティーから外れるルナフレア

 

 

 

 

そして、謎の黒戦士とご対面です。

 

 

 

 

ルナフレア「…ずいぶんと度胸があるじゃない?」

 

謎の黒戦士「…。」

 

ルナフレア「名を聞こうかしら?」

 

謎の黒戦士「…。」

 

ルナフレア「それならまずこちらが名乗るわ。あたしは…」

 

謎の黒戦士「元カーメン王国軍団長、ボルゴイ殿のご息女ルナフレア…。」

 

ルナフレア「それを知ってるということは…。竜王の刺客!!」

 

 

 

決して遅くはない、ルナフレアの一撃をヒラリとかわす謎の黒戦士

 

 

 

わずかに黒装束の頭のターバンが斬れ、素顔があらわになります。

 

見た感じは、超美青年。でも、目に光はない。

 

 

 

 

謎の黒戦士「あなたの勇気に敬意を表しましょう。」

 

ルナフレア「…え?」

 

謎の黒戦士カーメンの王子アルスから敵を遠ざけ…ただ一人で俺と戦おうというのだからな。」

 

ルナフレアアルスには指一本だって触れさせやしない!」

 

謎の黒戦士魔剣ネクロス…あなたの命、もらい受ける…!」

 

ルナフレア「(こいつ、強い…!)」

 

 

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

一方、アルスたちはルナフレアに勧められた芝居を見ていました。

 

アッサラーム名物、ベリーダンスは子供にはまだ10年早いちょっとえっちなダンスです。笑

 

次は、ロマリア地方カザーブ村からやってきた、美しき少女武闘家ヤオによる手品。

 

小さな女の子ですが、一瞬で何枚もの瓦をバラバラにしたり、気功波で木の人形を粉々にしたりして、会場をわかせます。

 

…本物ですね。

 

 

アルス達が楽しんでる一方で、ルナフレア謎の黒戦士と激戦を繰り広げていました。

 

 

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

 

ルナフレア「(ただ剣の型や操法が異なるというだけではない。この男の剣は根本的に何かが違っている…。それにあの剣…、おそらく呪いがかけられている。どうして呪われた武器をこの男は自由に使いこなせる…?)」

 

謎の黒戦士幻魔剣と戦うのが初めてで驚いているな。」

 

ルナフレア「…幻魔剣?」

 

謎の黒戦士「俺の剣法は幻魔剣という闇の中で鍛え上げられた無敵の剣法だ。幻魔剣を極めた者は呪われた武器を使いこなせる…。」

 

ルナフレア「…まさかっ!」

 

 

謎の黒戦士「そしてこの剣は数えきれぬほど、人間の血を吸ってきた伝説の魔剣。…呪われた武器はこれを使う者に災いをもたらすが、同時に最強の破壊力ももたらす。だが俺は呪われることなく、これらを自由に使いこなすことができるのだ!ゆえに!我こそが地上最強!」

 

ルナフレア「…。」

 

謎の黒戦士「ふっ。あなたはアルスから俺を遠ざけることができたと思っているようだな。」

 

ルナフレア「…え?」

 

謎の黒戦士「あいにくだが、今、劇場に入りこんだ俺の仲間がアルスを襲っている頃だ。」

 

ルナフレア「…なんですって!?」

 

謎の黒戦士「おびき出されたのは俺ではない。ルナフレア、あなたのほうだ。」

 

ルナフレア「…!」

 

 

 

急いでアルス達の元へ行こうとするルナフレアだが、謎の黒戦士はそれを許さない。

 

 

 

謎の黒戦士「あなたの名誉のために言っておこう。あなたは決して弱くない。だが、俺には勝てん!」

 

ルナフレア「名乗りなさい、幻魔剣士!!まだあなたの名前を聞いてないわ!!」

 

謎の黒戦士「名乗りを聞かねば無念で死ねぬか?いいだろう。俺の名はサーバイン。人呼んで…剣王サーバイン!!」

 

ルナフレア「ケ……!!ケンオウ…!?」

 

 

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

ここまでが7話の収録です。

 

ついに登場しましたね、剣王サーバイン

 

でもまさかの敵の味方になっているという絶望。

 

希望だったケンオウが、まさか敵なんて…。これ、連載してたとき毎月発売されるたびにハラハラしながら読んでました。

 

ここまでワクワクして次が待ち遠しい漫画は今ではありません。

 

ものすごく、夢中で読んでましたね。

 

ルナフレア、個人的に僕は大好きなキャラクターです。

 

面倒見いいし、プロポーション抜群、剣術も達者、おまけに顔も美人…。

 

これは少年にとって憧れの対象そのものです。

 

皆さんはどう思いますか?(^^)

 

 

コミックシーモアは、登録してなくても安全に無料立ち読みできるので読んでみてください♪

 

 

ロトの紋章

▼ 文字クリックでコミックシーモアに飛びます ▼

ロトの紋章

コミックシーモアでロトの紋章を検索!

 

 

Ciao(╹◡╹)♪